奈良市 歩きすがら 赴きある塀(知事公舎あたり)

2017/02/11
d0342307_23402618.jpg
d0342307_23404084.jpg
2017/02/04 撮影

補足:所在地:奈良県奈良市登大路町62

木造平屋建ての奈良県知事の宿舎。1922年の完成。
奈良県庁舎から国道を挟んで東側の立地で興福寺五重塔や東大寺大仏殿の徒歩圏内にある。

現在も残る応接間「御認証の間」は1976年、昭和天皇が宿泊した際にサンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約の批准書に署名した場所として知られる。

2016年、奈良県は知事公舎、副知事公舎、吉城園などがある付近一帯3.2ヘクタールをホテル用地として貸し出す方針を発表。超高級外資系ホテルの進出が見込まれている。知事公舎の外観および御認証の間は保存される。
-以上抜粋-


他にも、高畑エリア・新大宮(近鉄線の移設)・奈良監獄がホテル転用?・飛鳥駅付近?が次々と観光開発加速・・・いずれも高級ホテル(外資含む)だそうで・・・素朴な奈良はいずこえ。
[PR]
by masu_0365 | 2017-02-11 00:18 | 奈良市