大和平野 国中(くんなか)

2016/08/24
穴師の見晴らしの良い場所。夏草が背高く細い道を行くとユンボとダンプが道を塞いでいた。向こうが気がついて直ぐ退けてくれようとした。車を降りて駆け寄り、「写真を撮るだけだからそのまま続けて下さい」と言ったが、わざわざ退けて頂いた。数十分後の帰りも。
d0342307_07503027.jpg
d0342307_23142494.jpg
△ 二上山遠望 撮影地より距離約17km
d0342307_23093287.jpg
△ 遠く金剛山の南端。高天彦神社があり高宮廃寺跡がある。下部に三輪神社の鳥居が見える。
d0342307_23182449.jpg
△ 巻向(まきむく)の集落
2016/08/21 撮影

当撮影者認識:奈良は藤原京・平城京があった。
大和心であるから平野部を国中(くんなか)、山間部を山中(さんちゅう)と呼ぶ。
[PR]