明日香 女郎花(おみなえし)

2016/08/06
d0342307_23152396.jpg
2016/07/31 撮影

万葉集:大友池主 巻17-3944
をみなへし 咲きたる野辺を 行き廻り 君を思ひ出 た廻り来ぬ

(女郎花の咲き乱れている野辺、その野辺を行きめぐっているうちに あなた様を思い出し、回り道をしてきてしまいました)

大友池主と大伴家持は一族として交友深い関係にありました。親近の情を素直に表現しています。終生歌友として心許した二人です。なお、「遠い道のりを廻り道しながら来ました」〈た廻(もとほ)り来ぬ〉というのは、いささか変な表現ですが「どうしてもお会いしたかった」ことを示す挨拶の型だそうです。


以上全てネットから拾い書き。私の文では無い。

[PR]
by masu_0365 | 2016-08-14 09:30 | 明日香