天理市布留町 石上神宮の歌碑と灯り 

2016/07/08
d0342307_23485135.jpg
歌碑には・・・
『万葉集』の巻4(501番)
柿本朝臣人麻呂の歌「未通女(おとめ)らが 袖振山(そでふるやま)の 瑞垣(みづがき)の 久しき時ゆ 思ひき吾(われ)は」と刻まれています。

「乙女が袖を振る、そのふると名も同じ布留山(ふるやま)の古くより神様をまつる瑞垣(みずがき)のように、長い間あの人のことを思ってきた、わたしは」と言った歌意となります。

石上神宮サイトより


d0342307_23570530.jpg
d0342307_23565939.jpg
d0342307_23573192.jpg
2016/03/30 撮影

7月8日:小雨降る朝です 雨雲が西から接近してます


[PR]