田原本 多(おお)神社

2016/06/09
d0342307_10285752.jpg
多坐弥志理都比古神社(おおにいますみしりつひこじんじゃ)
d0342307_10293577.jpg
東(向かって右)より 
第一社 神倭磐余彦尊(神武天皇:神八井耳命の父)
第二社 神八井耳命
第三社 神沼河耳命(綏靖天皇:神八井耳命の弟)
第四社 姫御神(玉依姫命:神八井耳命の祖母)
d0342307_10294680.jpg
d0342307_10295350.jpg
↑ 本殿の後方に「神武塚」と呼ばれる小丘があり、祭祀場もしくは古墳と考えられている。(あとで知った)
d0342307_10295809.jpg
d0342307_10300529.jpg
206/06/04 撮影

 『正倉院文書』の天平二年(730年)大和国正税帳に「太神戸稲壱萬伍伯伍拾弐束伍把 租壱伯参拾捌束肆把 合壱萬陸伯玖拾束玖把」と記され、太(多)神社の神戸が有する稲は、田租用の138束4把と合わせて1万690束9把という、他社と比べて大きな経済力を持っていた。
ウィキペディアより・・・
d0342307_09301179.jpg
境内案内板


[PR]
by masu_0365 | 2016-06-09 09:31 | 奈良