田原本 多(おお)神社

2016/06/07
d0342307_19493108.jpg
d0342307_19494577.jpg
d0342307_19495187.jpg
d0342307_19495709.jpg
d0342307_19500263.jpg
↑ 拝殿と社殿の間に鳥居がある 三輪神社と同じ?参拝者は神社に入っていないことになる?
d0342307_20055528.jpg
d0342307_19500743.jpg
2016/06/01 撮影

磯城郡田原本町大字多
多坐弥志理都比古神社(おおにいますみしりつひこじんじゃ)

古くから稲作が栄えた “田原本” 界隈は、
古代の有力氏族・多氏や鏡作氏の拠点だった。
『古事記』の撰録者とされる太安万侶は、その多氏の一員。
一時は “古事記偽書” 説がささやかれ、
安万侶の存在を疑問視する見解もあったが、
名が刻まれた墓誌の発見により、実在論はほぼ決定的となった。
東に三輪山、西に二上山、南に畝傍山をのぞむ贅沢なパノラマの中で、
『古事記』を片手に、偉人の故郷に親しもう。

「歩く・なら」HPより





d0342307_20163329.jpg
2016/06/04 撮影

二度行った。また違う雰囲気がある。

[PR]
by masu_0365 | 2016-06-07 08:30 | 奈良